アクセラの鍵なら全てお任せ下さい!鍵開け最短3分! 鍵の作成は平均60分!イモビライザー・スマートキー対応OK!
到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円
どの年式のアクセラでしょうか? どの年式のアクセラでしょうか?

2003年に発売が開始されたマツダ、アクセラ。2019年5月に次のモデルからはこの名前での販売はせず、MAZDA3という名になることが発表されています。当社はアクセラの初期モデルの鍵から最新モデルの鍵まで対応することができます。新しい鍵が必要になる理由は様々ですが、スペアキーがない場合でも作成可能ですので、まずはお電話をいただけたらと思います。 当社はお電話をいただいてからお客様のもとに行くのに30~60分、到着後、所定の手続きをして作業に入って60分程度で、新しい鍵をお渡しすることを目指しております。ボタンでエンジンがかかるスマートキーの作成をこれくらいの時間でできる鍵屋はそう多くありません。 当社のスタッフは自分が客の立場だったら何を求めるかと考えながら、鍵の専門家として最善を尽くす者ばかりです。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

料金例

アクセラ
紛失した鍵の作製
コミ
コミ
出張+作業料
¥15,000~

インロック鍵開けや紛失した鍵の作成なら低料金と技術力に自信があります! インロック鍵開けや紛失した鍵の作成なら低料金と技術力に自信があります!

イモビライザー付きのスマートキー、マツダのアクセラに限らず、近年、発売になったお車であればほとんどの車種で採用されています。しかし、鍵屋の多くはまだそれに対応できていません。当社のようにどのメーカーも、どの車種も採用できるお店は少ないです。 それならJAFやディーラーにお願いするという方もいますが、JAFはお車の鍵明け、移動と多少の鍵屋の紹介くらいしかしてくれません。ディーラーは対応してくれますが、15万円程はかかってしまうだけでなく、納期は2,3週間後です。そんなに費用も時間もかけないで済むはずなのに、同じことを即日、ディーラーの半額でする当社からすれば、忸怩たる思いです。 お金で安全と安心を買う。悪いことではありません。ただ同じサービスを受けられるのなら、お金はかからない方が良いはずです。自分の会社のことをこのようにいうのはおかしいことかもしれませんが、当社は時代の進歩、鍵の進歩に遅れない方に、日々研鑽を積んできました。当社のスタッフの腕をぜひご覧いただきたいです。 まずは、お電話お待ちしております。スペアキーなどがない鍵でも、即日対応で新しい鍵をお作りできます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

アクセラの鍵の特徴

アクセラは2003年よりマツダが展開する中型車モデルで、現行モデルは3代目です。なお、アクセラはMAZDA3の名称に変更されています。 アクセラにイモビライザーが導入されたのは、2代目のBL型からでした。BL型のグレード23sや20、15cにおいてイモビライザーが標準装備とされました。 現行のMAZDA3では、FASTBACK型およびSEDAN型の2車種におけるすべてのグレードにキーレスエントリーシステムが導入されており、ほとんどのグレードでアドバンストキーが2本付属します。アドバンストキーはキーを持ったままドアを触れるだけで、ドアの開閉が行えるキーです。ただ、FASTBACK型のグレード15cにはアドバンストキーではなく電波式キーが付属しています。ドアロックの解錠についてキーのボタンを押す必要があるモデルとなっています。

トラブル解決までの流れ トラブル解決までの流れ
作業時間の疑問…対応速度の秘密Q&A 作業時間の疑問…対応速度の秘密Q&A

最新施工事例

アクセラの鍵をなくした

作業内容
スマートキー作成
車種
アクセラ
料金
50,000円

「自動車メーカーなど関係なく鍵作成はできますか?」とのお電話を頂き、車種をご確認させて頂いたところ、マツダのアクセラということ。当社ではほとんどの自動車メーカーの鍵作成に対応させて頂いており、もちろん、マツダ アクセラにおいても対応させて頂いていることをお伝えしお客様のもとへと向かわせて頂きました。少し道が混んでいたため40分ほどお時間を頂きお客様のもとに到着。アクセラのカラーもお聞きしていたため、すぐに見つけることができました。閑静な住宅街となり、到着後、お客様にお願いされたことはただ一つ。大きな音を立てないで下さいということでした。車の修理などの場合、多少なりとも音が出てしまうことも多いと思います。しかし、今回は鍵作成です。また、当社のスマートキー作成の方法は機器を交換するといった大掛かりなものではありません。そのため、まず大きな音が出ることはないとお伝えしご安心頂いたうえで作業を始めさせて頂きました。運転席ドアの開錠もピッキング作業で行うため大きな音が出ることはありません。その後行う、イモビライザー付きのスマートキーの作成においても、コンピューターをつなぎデータ書き換えを行う方法となるため、ここでも大きな音の心配はありません。スマートキー作成までに2時間ほどお時間を頂きましたが、一度も大きな音など立てずに作業は完了。ご近所様のご迷惑になることなく鍵を作成することができました。

アクセラの鍵を作りたい

作業内容
スマートキー作成
車種
アクセラ
料金
50,000円

「そちらなら、すぐに鍵を作ってもらうことができると聞いたのですが…。」とお電話を下さったお客様。マツダ アクセラの鍵を紛失され大変お困りのご様子でした。詳しい場所をお聞きし、そこなら、すぐに出発させて頂き30分から40分ほどで到着が可能ということ。また、鍵がイモビライザー付きのスマートキーとなるため、到着後、2時間程度はお時間を頂く事になることをお伝えさせて頂きました。これらの時間を確認したうえで「お願いします。」とのお返事を頂き急行させて頂きました。なんとか、30分ほどで到着することができ、急いで免許証でのご本人様確認やお見積りの作成を行いました。それら必要な確認作業を行い、鍵作成を開始。今回のアクセラはイモビライザー付きのスマートキーです。イモビライザー付きのスマートキー作成を行うためには、車内にあるコンピューターへのアクセスが必要です。そのため、初めに運転席ドアの開錠を行いコンピューターへアクセスすることができる状態を確保します。数分でドアの開錠は完了し引き続きイモビライザー付きのスマートキー作成に必要なデータ入力業務を進めました。ディーラーの場合、コンピューターそのものを交換するようですが当社では交換することはありません。コンピューターを交換せずに中の情報のみ新しいものに交換します。その結果、ディーラーとは異なり2時間ほどで新しい鍵を完成させることができ、お客様のご要望にお応えすることができました。

アクセラの鍵をなくした

作業内容
スマートキー作成
車種
アクセラ
料金
50,000円

外出先で車の鍵を紛失された場合、鍵ができるまでの時間は気になるポイントだと思います。今回、ご依頼を頂いたお客様も鍵が完成するまでの時間を非常に気にされておられました。お電話を頂いた際も「どれぐらいの時間で鍵はできますか?」とのことでしたので、車種やどういった鍵なのか確認させて頂きました。車種はマツダのアクセラで鍵はスマートキーだということでした。ということは、金属製の鍵に比べ鍵作成には多少、お時間を頂く事になります。平均スマートキー作成の場合、到着後、2時間ほどお時間を頂いていることをお伝えすると「2時間なら大丈夫!お願いしたい。」とのお返事を頂き30分ほどかけお客様の元に向かわせて頂きました。到着後は、ご挨拶のほか免許証でのご本人様やお見積り作成など当社規定の一連の作業をさせて頂き作成を開始。スマートキー作成を行うためにはドアの開錠作業は欠かせません。鍵穴を利用し数分で開錠を行った後、用意していたコンピューターを使用しアクセラ車内にあるコンピューターにアクセスを行います。そこには紛失したスマートキーの情報が詰まっています。その情報は今となっては不要な情報です。その不要な情報を削除し必要となる新しいスマートキーの情報を入力していきます。そうすれば新しいスマートキーを使用することができるようになるのです。この作業に1時間半ほどお時間を頂きましたが、お客様には、「早くて助かったよ!」と喜んで頂きました。

アクセラの鍵を作りたい

作業内容
スマートキー作成
車種
アクセラ
料金
50,000円

車の鍵を紛失された際、「鍵の種類を教えてください。」と言われても、どんな鍵だと言えば良いのかわからない人も多いと思います。近年、主流になっているのはボタン一つでなんでもできるスマートキーです。スマートキーの場合、イモビライザー付きとなることが多いのですが、このイモビライザーって何?と思われるお客様も少なくありません。だからと言って、ご心配は不要です。お電話ではわかる範囲でお教え頂ければ結構です。今回、お電話頂いたお客様も確実な情報はマツダのアクセラだということだけでした。お話しの内容からスマートキーであるという予想はできましたが、最終確認は現地で行うこととなり向かわせて頂きました。到着後、私の方で確認させて頂いた結果、間違いなくイモビライザー付きのスマートキーだということが判明。それに伴うお見積りや作業工程をご説明させて頂き作業を開始。初めに運転席ドアの鍵穴を使用し鍵の開錠を行います。数分で開錠した後、スマートキー作成に必要なデータ処理を行います。スマートキーの場合、車内にある機器と連動させドアの開閉やエンジンスタートを行っています。これらの機能を新しいスマートキーでも行うためにはデータの書き換えが必要なのです。当社では当社の機器を使用しデータの書き換えを行い、スマートキー作成を行っております。時間としては2時間程度頂き無事に新しいスマートキーは完成しお客様にお渡しすることができました。

自動車豆知識自動車豆知識

アクセラとは?

ファミリアの後継車として2003年に発売が開始されたアクセラ。2009年には2代目が登場し、2013年に3代目、そして、現在は名前が変更され、海外で用いられていた名前となる「MAZDA3 として大きく進化したものとなりました。2003年に登場した初代アクセラは、ヨーロッパ市場を意識したものとなり、国内の同等クラスのセダンに比べ少し大柄なボディサイズが特徴的でした。2代目ではデミオに次いでマツダ独自の車両構造技術となる「SKYACTIV TECHNOLOGY」を用いたガソリンエンジン「SKYACTIV‐G」を採用。3代目のテーマは「魂動‐Soul of Motion」を掲げ、大きくデザインが変化しただけではなく、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」も採用され、より安全かつスタイリッシュなデザインの車となりました。デザインの良さから若年層に人気の車種となるアクセラ。トヨタ車と比較した場合、ポジション的にはカローラと言えるのではないでしょうか。現在、販売されている「MAZDA3」では、ガソリン、ディーゼル、そして、マツダが独自の技術となる「SKYACTIV-X」といったエンジンが取り揃えられています。また、ボディは4ドアセダンと5ドアハッチバックの2種類。4ドアセダンのデザインコンセプトは、「凛(りん)としたしなやかさ」。そして、5ドアハッチバックでデザインコンセプトは、「色気のある塊(カタマリ)」となり、そのコンセプト通りの魅力的なデザインとなっています。そして、車内空間においては誰もが安心して運転に集中できるコクピットをはじめ、定員乗車時にも67Lのスーツケースを2個積むことが可能なラゲッジルーム。67Lのスーツケースを3個積むことが可能なトランクも確保されています。安全性能においても衝突被害軽減ブレーキ「スマート・ブレーキ・サポート(SBS)」をはじめ、後進時に障害物や左右から接近する車を検知する「スマート・ブレーキ・サポート[後方検知機能](SBS-R)」、「スマート・ブレーキ・サポート[後進時左右接近物検知機能](SBS-RC)」などがあり安心です。実際にアクセラ(「MAZDA3」)を選んだ人の多くは、そのデザインに惚れ込んだといった人が多いほど、デザイン性に優れた車となります。

その他問い合せの多いMAZDAの車種

急なトラブルでも安心!カードご利用可能です

到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター
  • お近くのトイレつまり修理センター

ページトップへ戻る