車の鍵マークが点滅したら要注意!鍵マーク点滅の原因と対策をご紹介

車の鍵マークが点滅したら要注意!鍵マーク点滅の原因と対策をご紹介

車の鍵マークとは?

車の鍵マークとは?

車のダッシュボードには、さまざまな警告灯や表示灯が点灯することがあります。その中でも、よく目にする表示灯のひとつに、鍵マークがあります。 車の鍵マークは、多くの自動車メーカーが採用している警告灯のひとつ。車のセキュリティシステムやエンジン始動システムに異常が発生したことを示す表示灯です。 鍵マークが点灯した場合は、車のエンジンが始動できないなどのトラブルが発生する可能性があります。

車の鍵マークが点滅している原因

車の鍵マークが点滅している原因

車のダッシュボードに表示される鍵マークは、車のセキュリティシステムやエンジン始動システムに異常が発生したことを示す表示灯です。 鍵マークが点滅する原因を把握しておくことで、適切な対処を行うことができます。また、鍵マーク点滅を予防するためにも役立ちます。 鍵マークが点滅している原因は、大きく分けて以下の2つがあります。

  • セキュリティシステムの異常
  • エンジン始動システムの異常

ここから、それぞれの原因について詳しく解説します。

セキュリティシステムの異常

セキュリティシステムの異常

セキュリティシステムとは、車の盗難を防止する装置です。鍵マークが点滅する場合は、セキュリティシステムが正常に動作していない可能性があります。

セキュリティシステムの異常が原因で鍵マークが点滅する主な原因は、「キーの電池切れ」「イモビライザーの故障」「キーの登録が解除されている」といった場合です。

キーの電池が切れると、セキュリティシステムが正常に動作しなくなります。そのため、鍵マークが点滅することがあります。 また、イモビライザーが故障している場合も、鍵マークが点滅します。 イモビライザーとは、車のエンジンを始動するために必要な認証装置です。イモビライザーが故障すると、キーの認証を受けられなくなり、エンジンが始動できなくなります。 くわえて、キーの登録が解除されている場合も、鍵マークが点滅することがあります。キーの登録が解除されていると、キーの認証を受けられなくなり、エンジンが始動できなくなるので注意が必要です。

エンジン始動システムの異常

つぎは、エンジン始動システムの異常が原因のケースについてのご紹介です。 エンジン始動システムとは、車のエンジンを始動する装置です。鍵マークが点滅する場合は、エンジン始動システムに異常が発生している可能性があるでしょう。

エンジン始動システムの異常が原因で鍵マークが点滅する主な原因は、「キーの電池切れ」「エンジンスターターの故障」「燃料切れ」「スターターモーターの故障」などの場合です。

キーの電池が切れると、エンジンスターターが作動しなくなります。そのため、鍵マークが点滅します。 さらに、エンジンスターターが故障した場合も、鍵マークが点滅します。エンジンスターターとは、車のエンジンを始動する装置です。エンジンスターターが故障すると、エンジンが始動できなくなってしまうのです。 また、燃料が切れると、エンジンが始動できません。そのため、鍵マークが点滅することがあります。 くわえて、スターターモーターの故障についても、鍵マークは反応します。 スターターモーターとは、エンジンを始動する際に、クランクシャフトを回転させる装置です。スターターモーターの故障が原因で、鍵マークが点滅することがあります。

車の鍵マークが点滅した際に取るべき対策とは?

車の鍵マークが点滅した際に取るべき対策とは?

車の鍵マークが点滅するのは、ドライバーに緊急を要する事態が発生していることを伝えるシグナルであり、さまざまな要因による警告の可能性があります。 全項目でもお伝えしたとおり、この警告は車のセキュリティーシステムやイモビライザー(盗難防止装置)の異常を示すことが多く、それぞれの状況に対応する必要があります。

車の鍵マークが点滅した場合は、以下の対処を行いましょう。

  • キーとスマートキーの確認
  • キーバッテリー(電池)の交換
  • エンジンを始動してみる

それぞれの対策の具体的な方法について、ここから解説していきます。

キーとスマートキーの確認

車の鍵マークが点滅した際に取るべき対策とは?

まずなにより、車のキーが正常に作用するかを確認することが重要です。 手始めに、キーが正しく挿入されていることを確認してください。時折、キーが完全に挿入されていないと鍵認識に問題が生じることがあります。 また、スマートキーのバッテリーが十分に充電されていることを確認します。バッテリーが低い場合、スマートキーの正確な認識が難しくなることがあります。

キーバッテリー(電池)の交換

鍵マークが点滅している場合は、キーの電池が切れている可能性が高いため、まずはキーの電池を交換しましょう。キーの電池は、車種や使用頻度によって異なりますが、一般的には1~2年程度で交換が必要です。

キーの電池を自分で交換するには、以下の手順でおこなってみてください。

  1. 1.キーの電池カバーを開ける
  2. 2.古い電池を取り出す
  3. 3.新しい電池を入れる
  4. 4.電池カバーを閉める

注意したいのが、キーの電池カバーの開け方、電池の種類は、車種によって異なるというところです。 キーの電池を交換するには、車の取扱説明書を確認するか、自分で対応が難しい場合は、ディーラーや整備工場、鍵開けの専門業者に相談してましょう。 また、キーの電池を交換してもエンジンが始動できない場合も、ディーラーや専門業者に相談することをおすすめします。知識や経験を持った専門家に、イモビライザーの異常やキーの登録が解除されているかどうかを診断してもらいましょう。

エンジンを始動してみる

エンジンを始動してみることで、鍵マークが消えるかどうかを確認しましょう。エンジンを始動するには、キーをイグニッションONの位置に回し、ブレーキを踏みながらスターターを回すという方法が一般的です。 エンジンが始動できる場合は、鍵マークが点滅する原因がイモビライザーの異常やキーの登録が解除されている可能性が低くなります。

主な自動車メーカーの鍵マーク点滅について

主な自動車メーカーの鍵マーク点滅について

車の鍵マークの点滅に関して、各主要自動車メーカーが異なる仕組みを持っています。 ここから、それぞれの主要自動車メーカーについて、一般的な特徴と鍵マーク点滅に関する解説を示します。ただし、個々の車両モデルや年式によって表示方法や意味が異なる場合があります。また、新しい車両や特定のモデルによっては、最新のセキュリティーシステムが導入されている可能性もあるので、各メーカーの公式サイトや車の取り扱い説明書を確認しておくのがおすすめです。

トヨタ車の場合

トヨタ車では、鍵マークの点滅は主にイモビライザーシステムに関連しています。 イモビライザーシステムは、認識されていないキーによるエンジン始動をブロックするためのセキュリティーシステムです。鍵マークが点滅すると、スマートキーのバッテリー切れ、スマートキーとの通信エラー、またはイモビライザーシステムの問題が考えられます。

トヨタ車の場合、マニュアルや取扱説明書に記載されたリセット手順を試してみることが有効。 具体的な方法については、トヨタでは、公式サイトで確認することも可能なので、参考にしてください。

トヨタ 取扱説明書 | トヨタ自動車WEBサイト: https://manual.toyota.jp/

ニッサン車の場合

ニッサン車の鍵マーク点滅は、セキュリティーシステムに関する問題を示すことがあります。スマートキーとの通信エラー、イモビライザーシステムの故障、バッテリー低下などが原因となります。ニッサン車では、スマートキーのバッテリー交換やリセット手順の試行を行うことが適切です。 ニッサンにも、電池交換についての説明が公式サイトに掲載してあります。 ただ、継続的な問題が生じる場合は、ディーラーか専門家に相談してみるのがよいでしょう。

日産:検索結果 – 電池交換: https://sitesearch.nissan.co.jp/ja_all/?q=%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E4%BA%A4%E6%8F%9B

ホンダ車の場合

ホンダ車では、鍵マークの点滅はイモビライザーシステムの問題を示すことがあります。スマートキーとの通信エラーやイモビライザーシステムの不具合が原因です。鍵マーク点滅時には、スマートキーのバッテリー交換やリセット手順の試行が有効。 ホンダの公式サイトにおいて、「電池交換」というキーワードで検索してみると「Hondaスマートキーの取り扱いと電池交換」といったページがいくつかヒットします。 こちらのページを参照して、電池交換を試みてみるのもよいでしょう。

Honda | 検索 | 検索結果 – 電池交換 https://nvsearch.honda.co.jp/search/search.x?q=%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E4%BA%A4%E6%8F%9B&ie=utf8&cat=0&pagemax=10&imgsize=3&pdf=ok&zoom=1&sort=0&ctor=0&lfor=0&ref=www.honda.co.jp&pid=JBVCfa1QCw4CD2a2ixFc-w..&qid=UrwZ5F3SaJhG2m-X8ehcv81urpxWQ7z5&ct=

ダイハツ車の場合

ダイハツ車では、鍵マークの点滅が主にセキュリティーシステムの問題を示すことがあります。スマートキーのバッテリー切れ、スマートキーとの通信エラー、またはイモビライザーシステムの問題が原因です。対処法としては、スマートキーのバッテリー交換やリセット手順の試行が考えられます。 ダイハツの公式サイトでは、キータイプ別に電池の交換方法を確認することが可能です。 また、電池の交換方法についても掲載してありますので、参考にしてみましょう。

車種別のキー種類と電池交換方法: https://www.daihatsu.co.jp/service/carlife/keytype1.pdf

車の鍵マーク点滅に関する注意点

車の鍵マーク点滅に関する注意点

鍵マークの点滅は、セキュリティーシステムやキー関連の問題を示す可能性があることについては、これまで解説いたしました。 鍵マークの点滅は、スマートキーのバッテリー切れ、イモビライザーシステムのエラー、通信問題、またはセキュリティーシステムの異常など、さまざまな警告である可能性があります。しかし、メーカーやモデルによって点滅の意味は異なる場合がありますので、取扱説明書や公式情報源を確認することが重要です。

鍵マークが消えない場合は、車のエンジンを始動できない可能性があります。そのため、車の運転を控えるようにしましょう。エンジンを無理に始動させようとすると、車の故障につながる可能性があります。慌てずに落ち着いて対処しましょう。

また、このような警告が表示された場合は、問題を放置せず、早急に対処することが重要です。特に、エンジンを起動できなくなる可能性があるため、深刻な問題を招く前に対処することが求められます。

鍵マーク点滅を予防するためには、以下の点に注意しましょう。

  • キーの電池を定期的に交換する
  • キーを紛失しない
  • 車の点検を定期的におこなう
詳細については、ここから具体的にご説明させていただきます。

キーを紛失しない

キーを紛失すると、イモビライザーがキーを登録解除する可能性があります。そのため、キーを紛失しないよう注意しましょう。 また、万が一キーを紛失した場合に備えて、鍵を複数用意しておきましょう。キーを複数用意しておけば、1つのキーが故障しても、別のキーで車を運転することができます。

キーの電池を定期的に交換する

キーの電池が切れたり、残量が少なくなると、車の安全性やセキュリティ性が損なわれてしまいます。例えば、ドアロックやドア解錠、トランク開閉、エンジンの始動などの操作が正常にできないリスクが発生するのです。 車のエンジンが始動できないと、車を運転することができなくなります。ドアロックやトランクを開けられない、スマートキーの機能が使用できないといったトラブルも、日常生活に支障をきたす可能性があります。 そのため、キーの電池は、定期的に交換することをおすすめします。 注意点として、キーの電池は、正しい向きで入れないと、電池が消耗しやすくなったり、キーの操作が正常にできなくなったりする可能性があります。キーの電池を入れる際は、車の取扱説明書に記載されている向きで入れましょう。 くわえて、キーの電池は、車種や使用頻度によって、異なる型番の電池が使用されています。キーの電池を交換する際は、車の取扱説明書に記載されている型番の電池を用意しましょう。 車のキーの電池を定期的に交換することで、車の安全性や快適性を維持することができます。

キーの電池は、車種や使用頻度によって異なりますが、一般的には1~2年程度で交換が必要です。キーの電池が切れると、鍵マークが点滅する可能性があるため、定期的に交換しましょう。

キーの電池を交換する際には、車種や年式に合った電池を使用するようにしましょう。また、電池を交換する際は、キーの電池カバーをしっかりと閉めましょう。

車の点検を定期的におこなう

車の点検を定期的におこなうことで、イモビライザーの異常を早期に発見することができます。また、キーの登録が解除されているかどうかも確認してもらいましょう。

定期的な車の点検は、車両の安全性を確保するために不可欠です。鍵のみならず、車のブレーキ、タイヤ、サスペンション、ライトなどの重要な部品や機能の状態を確認し、問題が早期に発見され修理されることで、安全性が向上します。

まとめ

鍵マークは、車のセキュリティシステムやエンジン始動システムに異常が発生したことを示す表示灯です。鍵マークが点滅した場合は、車のエンジンが始動できないなどのトラブルが発生する可能性があります。 鍵マークの点滅が発生した場合、ディーラーや専門家に相談することを検討してください。専門家はより詳細な診断や解決策を提供し、車両に関する正確な情報を提供してくれます。 また、鍵マークの点滅だけでなく、車両の他の警告灯も含めて、定期的な点検やメンテナンスを怠らないことが重要です。定期的な点検を行うことで、問題を早期に発見し、修理や交換を行うことができます。

「カギの緊急隊」は、国産車から輸入車などさまざまな車の鍵のトラブルに対応しているカギ開け専門業者。 車の鍵マークが点滅している場合や、鍵の紛失、鍵が故障して扉があけられなくなってしまった、などの緊急のトラブルに対応しています。 最新型のスマートキーやイモビライザー付きのカギも作成可能なので、まずはご相談ください。無料でお見積りをおこなっており、事前に費用を知ることができるので、料金についての不安もありません。車のカギに関するトラブルなら、まずカギの緊急隊へお問い合わせください。

カギの緊急隊 https://www.kagi-kinkyutai119.com/

サービス品質に自信あり!駆けつけカギの緊急隊8つのPOINT
こんな業者にはご注意ください!
かんたん!4つのステップ依頼

便利なお支払い方法も充実!

現金OK!カード払いOK、後払いOK

※1クレジットカードによるお支払いには、お客様ご本人名義のクレジットカードのみご利用いただけます。※エリアなどにより一部ご利用いただけないクレジットカードの種類がございます。
※2後払いご希望の方は、予めメールでお伝えください。一部対応していないエリアもございますのでご了承ください。

新型コロナ感染予防対策実施中

どんな鍵でもご要望にお応えできます

TBSテレビ取材

その他のサービス

  • ガラスの緊急隊
  • 蜂の巣駆除センター
  • トイレつまり修理センター
  • バッテリー上がり救急隊
各種カード払いOK お問い合わせ お電話