紛失した車の鍵イモビライザースマートキーすぐ作成!スバルの鍵専門店
到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円

スバルの鍵に対応いたします!

スバル車に導入されているアクセスキーには、盗難防止用のイモビライザー機能が搭載されています。このイモビライザーは電子制御によって車を制御するものですが、当方であればスバル車のアクセスキーの新規作成も承っております。 スバル車のキートラブルでお困りの際には、お気軽にご相談ください。

スバルについて

スバルのロゴが星印な理由

ホンダロゴ

スバルは日本の自動車メーカーの中で、最も長い歴史を誇るメーカーの一つです。創業は1917年に設立された飛行機研究所まで溯ります。その研究所は翌年に中島飛行機となり、「隼」や「疾風」のような戦闘機を製造しました。 しかし、中島飛行機は戦後、GHQの命令により12社に分割されてしまいます。その後、分割された6社を再統合する形で富士重工業が誕生しました。 この際、作り出されたのがスバルのロゴです。 スバルのロゴは一つの大きな星に、5つの連星が連なる6連星のマークとなっており、これは創業時に統合された6社を象徴するブレアデス星団を表現しています。ちなみに、ブレアデス星団の日本名は昴(すばる)です。 この事から、スバルというブランド名も生まれました。 スバルのロゴは、1953年に富士重工業が誕生してから現在に至るまで一貫して使用され続けており、歴史と伝統を誇るロゴとなっています。 なお、富士重工業は2017年に社名を「SUBARU」へ変更しました。スバルという名称が世界的な知名度を誇るようになったからです。

自動ブレーキの先駆け、スバルのアイサイト

アイサイト(EyeSight)はスバルが日立と開発した衝突軽減ブレーキシステムです。奥行きが把握できる複数カメラを備えたステレオカメラを車内前方に装備し、カメラで前方の風景を監視して危険を察知すると、自動でブレーキする先進的なシステムとなっています。 スバルは1988年よりステレオカメラの研究を開始し、2008年には実用化にこぎつけます。2008年発売のレガシィから、アイサイトは搭載されました。2010年には約10万円のオプション費用でアイサイトを装備できるようになり、アイサイトは本格的に普及し始めました。 このアイサイトによる自動衝突防止システムは他社に先駆ける先進的な装備でした。ブレーキの踏み間違いによる事故の防止に高い効果が期待でき、特に、高齢ドライバーの間でスバル車の人気を高める要因となりました。 現在のアイサイトには、前方車輌を自動で追尾するクルーズコントロールシステムも追加されており、自動運転技術へと進化しつつあります。

スバルが水平対向エンジンを採用する理由

スバルは国内自動車メーカーで唯一、水平対向エンジンを採用しています。 水平対向エンジンは、ピストンが横に倒された状態で左右対称に並んだ形状をしているエンジンです。通常のエンジンは、縦型やV字型にピストンは配置されますが、スバルが水平対向エンジンを採用しているのには複数の理由があります。 まず、左右対称に配置されたピストンが互いの慣性力を相殺し、走行時の振動を減少させます。スポーティーなアクセルワークを実現させる効果があるのです。 さらに、水平にピストンが並んでいるため、エンジンの高さを低く抑える事ができ、エンジンの軽量化にも貢献します。 水平対向エンジンによりスバル車は車体の重心を低く抑える事ができるため、高速運転やカーブ時にも走行が安定し、高いハンドリング性能を実現しています。 走行安定性の向上は、安全性を重視するスバルの理想と合致し、スバルが国内メーカーで唯一、水平対向エンジンを採用する大きな理由です。 このスバルの水平対向エンジンはスバル車の根強いファンである「スバリスト」を生み出す要因の一つともなっています。

急なトラブルでも安心!カードご利用可能です

到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター
  • お近くのトイレつまり修理センター

ページトップへ戻る