アルファードの鍵なら全てお任せ下さい!鍵開け最短3分! 鍵の作成は平均60分!イモビライザー・スマートキー対応OK!

アルファードの鍵紛失・スマートキー紛失(京都市の施工事例)

修理箇所 スマートキー
修理内容 スマートキー作成
メーカー TOYOTA(トヨタ)
車種 アルファード
場所 京都府京都市

トヨタ/アルファード

スマートキーの作成は特殊な技術が必要となりますが、当方であれば対応可能です。
少し前にも京都市在住のお客様からのご依頼で、トヨタ車のスマートキー作成に行って参りました。
お客様は京都市伏見区で工務店を経営されているという男性経営者の方で、会社に置いているアルファードのスマートキーを紛失されたと言われるのです。お客様は数日、アルファードのスマートキー作成可能な鍵屋を探されたそうですが、なかなか見つけることができず、ようやく対応可能な当方を探し当てることができた、と言われていました。
お電話を頂戴した翌日の午後にお訪ねする事となりました。会社の駐車場に空きスペースがあるとのことで、そちらに作業車を入れ、作業することになりました。
経営者ということで年配の方を想像しておりましたが、お客様は若々しく見える方で40歳になったばかりと言われておりました。
お車は平成20年式の白色のアルファードでした。数回、スマートキーの新規作成した経験がある車種でした。
最初に車内に入る必要があります。非常用のメカニカルキーを開けるため鍵穴の蓋の部分を工具で空いた状態にし、ピンを用いてメカニカルキーを開錠し、アルファードのドアを開けました。
スマートキー搭載車については、車載コンピューターのイモビライザーの書き換え作業が必要です。
車内に入り、ダッシュボードのパネルを開けて車載コンピューターへアクセスできるようにしました。次に、持参した専用端末からケーブルを伸ばしてコンピューターにつなぎ、メモリに格納されているイモビライザーの番号を検索しました。
1時間以上の時間をかけて検索し、イモビライザーの番号の在り処を探すことができました。次に、持参した新しいスマートキーのイモビライザーの番号をメモリに上書きするように、端末からデータを送信しました。
メモリの上書きが完了したところでスマートキーを操作し、アルファードが認識することを確認しました。作業に要した時間はトータルで2時間ほどでした。
従来の鍵とは異なり、スマートキーの作成は複雑な作業ですが当方であれば対応可能です。スマートキーを紛失されお困りの際には、お気軽にご連絡ください。

よくある質問
サービス品質に自信あり!駆けつけカギの緊急隊8つのPOINT
こんな業者にはご注意ください!
鍵のトラブル解決までのカンタン4ステップ!お電話1本でラクラクです!

0120-658-119

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター

ページトップへ戻る