フォレスターの鍵なら全てお任せ下さい!鍵開け最短3分! 鍵の作成は平均60分!イモビライザー・スマートキー対応OK!
到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円
どの年式のフォレスターでしょうか? どの年式のフォレスターでしょうか?

荷物をたくさん積むことができて足回りも良く、悪路も軽々走る。SUBARU(スバル)フォレスターはアウトドア派から絶大な支持を集める車です。ドライブを楽しんでいる方も多いと思います。もし外出中に鍵を失くしてしまったら、その時は迷わず鍵の緊急隊を思い出して下さい。各地で展開しておりますので、外出先にも高い技術力を持つスタッフが駆けつけますよ。 フォレスターの鍵で多く採用されているスマートキーは、家の鍵とは形が違うため「果たして鍵屋で作れるのか?」と迷う方がいらっしゃいますが大丈夫です。鍵の緊急隊は一般の鍵屋と違い、コンピューター制御された鍵を作成する装備と、それを扱う技術者をそろえております。どんな形の鍵もその場でお作りできます。 到着にかかる時間は30~60分、作成にかかる時間は1時間程度です。年中無休で受け付けておりますので、困った時はお電話を下さい。

料金例

レガシィ
紛失した鍵の作製
コミ
コミ
出張+作業料
¥15,000~

インロック鍵開けや紛失した鍵の作成なら低料金と技術力に自信があります! インロック鍵開けや紛失した鍵の作成なら低料金と技術力に自信があります!

フォレスターは2010年からイモビライザーの標準搭載が始まりました。しかしそれ以前からオプションで付けているケースも多く、現在走行中の車はかなりの確率で高セキュリティの鍵を装備していると考えられます。 こうした鍵を紛失した際、作成を依頼する場所を間違うとひどい目に遭うことが…。例えばディーラーに依頼すると、まず車は当然のように工場へレッカーされます。そしてまだ使える高価なコンピューター部分をごっそり抜かれ、新品に交換。新しい鍵を作成します。時間もかかり、鍵を手にするのは2週間後。おまけとして15万円以上の請求書が付いてきます。 ディーラーは車の専門家ですが鍵の専門家ではありません。鍵の作成は苦手なので気をつけましょう。 ここまで読めば分かる通り、JAFも止めておいた方が無難です。同じく鍵の専門家ではないので作成できません。頼めば工場までのレッカーはしてくれます。 やはり正しい選択は「鍵の緊急隊」です。ディーラーと違い、高価なコンピューター制御部は元の物を活用。データを上書きすることにより新しい鍵を作ります。ディーラーの半額以下で済みますが、メーカー純正キーを使うので品質に問題はありません。 しかも車をお預かりせず、その場で作成します。1時間後にはドライブに出掛けられますよ。鍵を紛失したら鍵の緊急隊。お間違えなく。

フォレスターの鍵の特徴

スバルを代表するSUV車フォレスターは。1997年より販売されています。初代のSF系、および第2世代のSH系ではすべてのグレードでイモビライザーは非搭載で、鍵は金属製の鍵とされていました。 フォレスターに電子錠のイモビライザーが導入されたのは、3代目のSH系からになります。2.0Xグレードよりイモビライザーが標準装備されるようになり、モデルチェンジに伴い、キーレスエントリーが導入されていきました。 現行のフォレスターでは、4つのグレードすべてでキーレスエントリ・プッシュスタート方式が標準装備されており、鍵はリモコンキータイプとなっています。

トラブル解決までの流れ トラブル解決までの流れ
作業時間の疑問…対応速度の秘密Q&A 作業時間の疑問…対応速度の秘密Q&A

最新施工事例

フォレスターの鍵をなくした

作業内容
スマートキー作成
車種
フォレスター
料金
50,000円

「中古で購入したため、スペアキーがないなか、鍵を紛失してしまい困っているのですが…。」とお電話を頂いたお客様。車種はフォレスターで、鍵はスマートキーだということでした。すぐ来てもらえるところを探しているということで、当社の場合、今からすぐに出発可能であることを伝えさせて頂き伺うこととなりました。詳しい場所をお聞きし急行することに。平日の夕方で少し道が混雑していましたが、30分程度で無事に到着することができました。到着後は、お客様にはお手数をおかけしますが免許証にてご本人様確認をさせて頂いております。その後、お見積りを作成しお客様にご確認頂いたうえで作業を始めさせて頂きます。そうすることで、料金など作業後のトラブルを未然に防ぐことができ、お客様にも安心して鍵の完成をお待ち頂くことができるかと思います。まずは、フォレスターの運転席ドアの鍵を開け、その後、スマートキー作成に必要な作業へと移らせて頂きました。フォレスターの車内にある機器の鍵データを書き換えることで新しい鍵でも今まで通りドアの開閉、エンジンのスタートを行うことが可能となります。ただし、そう簡単にデータ書き換えを行うことはできず、多少、お時間を頂くこととなります。平均2時間ほどですが、今回はスムーズに作業が進んだということもあり1時間半ほどで新しい鍵は完成。お客様にも「思っていたよりも早くて助かった。」と喜んで頂くことができました。

フォレスターの鍵を作りたい

作業内容
スマートキー作成
車種
フォレスター
料金
50,000円

車の鍵紛失の場合、お急ぎのお客様がほとんどですが、今回、お電話を頂いたお客様は少し違いました。車を2台所有されておられるということで、そう慌ててはいない様子。鍵を紛失されたフォレスターもご自宅の駐車場にあるということで、料金の確認を行い考えたいということでした。昨夜、フォレスターの鍵を持ったまま電車で飲みに行かれたとおっしゃるお客様。その際、どこかでフォレスターの鍵を落としてしまわれたということで、フォレスターはご自宅にある状態だということでした。フォレスターの鍵作成において鍵の種類の確認は欠かせません。そのため、鍵の種類を確認させて頂くとスマートキーで間違いないということ。イモビライザーにおいても搭載されているということでした。これら必要な情報をもとに大まかな料金をお伝えさせて頂くと、「それならお願いしたい。」とのお返事を頂き、早ければ助かるということでしたのですぐに伺わせて頂くことになりました。30分ほどでお客様のお宅に到着し正式な御見積書を作成させて頂きました。それをご確認頂いたうえで作業を開始。フォレスターの運転席ドアの鍵を開け、スマートキー作成に必要な鍵データの書き換えなどの作業を進めさせて頂きました。機器を交換することもないため場所も取らずお客様の駐車場内でも問題なく作業を進めることができます。また、大きな音が出ることもなく2時間ほどで無事に新しいスマートキーは完成致しました。

フォレスターの鍵をなくした

作業内容
スマートキー作成
車種
フォレスター
料金
50,000円

スマートキーという言葉で表されることが多い最近の車の鍵ですが、この名称は実は各自動車メーカーによって異なります。例えば、今回、鍵作成のご依頼を頂いたスバル フォレスターの場合、名称は「キーレスアクセス&プッシュスタートのアクセスキー」となります。ただ、名称が異なるだけで基本的に鍵作成の方法に違いはありません。今回、フォレスターの鍵を紛失されご依頼を頂いたお客様も名称の違いで少しご不安に思われていたようで、私の方で特に問題がないことを伝えさせて頂き、鍵作成を行いました。買い物途中でフォレスターの鍵を紛失されたお客様。当社にお電話いただく前に鍵の種類などをネットで検索していただいたようで、その結果、「スマートキーとキーレスアクセス&プッシュスタートのアクセスキーは同じなのか?」と不安になられたそうでした。名称が異なるだけで基本的には同じ鍵となるスマートキー。当社では何度もスバル社のスマートキー作成を行っていることをお伝えし、お見積りを作成した後、鍵作成を開始させて頂きました。どのメーカーの車でもスマートキー作成の方法は同じです。運転席ドアの鍵を開け、新しいスマートキーの情報を車の中にある機器に入力します。そうすることで、新しい鍵でも問題なく今まで通り新しい鍵でドアの開閉、エンジンをかけることができるのです。見た目も同じ鍵をお作りさせて頂いており、今回のお客様をはじめ皆様に喜んで頂いております。

フォレスターの鍵を作りたい

作業内容
スマートキー作成
車種
フォレスター
料金
50,000円

「鍵を作るにはどれぐらいかかりますか?」とお電話を頂いたお客様。鍵作成は鍵の種類によって作成時間が異なります。そのため、鍵の種類と車種を確認させて頂きました。車種はフォレスターだとすぐにお答えいただいたのですが、鍵の種類においては少しご説明させて頂き、スマートキーだということがわかりました。イモビライザー付きのスマートキーとなるため、完成まで平均2時間ほどお時間を頂くことをお伝えすると「もちろん、今の場所でできるんですよね?」とのことでしたので、「もちろんです。」とお答えし現地に伺うこととなりました。お客様のフォレスターはコインパーキングにあるため、料金の加算も心配だったということ。そのため、初めに作成時間の確認をされたということでした。ご挨拶の後は、免許証にてご本人様確認をさせて頂き運転席ドアの鍵の開錠。その後、車検証も確認させて頂いたうえで、スマートキー作成を開始させて頂きました。スマートキー作成をするにあたり、車内の機器へのアクセスが必要です。当社では専用の機材を用いてアクセスを行い新しい鍵のデータを入力していきます。この方法を行えば車内の機器を交換する必要はありません。それによって、その場で2時間ほどの時間で鍵作成を可能としております。今回も無事に2時間かからない時間で鍵作成は完了。コインパーキングの料金もさほど上がらず済ませることができたと喜んで頂きました。

自動車豆知識自動車豆知識

フォレスターとは?

1997年に初代フォレスターが販売されて以降、今もなおスバルの人気車種と言えるフォレスター。2002年に2代目フォレスターが発売を開始され、より快適にオンロード走行が可能となるSUVへと進化しました。その後、2007年には3代目フォレスターが販売開始。2012年には4代目。2018年に5代目フォレスターが販売開始され、新世代プラットフォームSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用することになりました。これにより、快適な乗り心地、静粛性、走りの質感などが向上し、2ランク上のクラスの車種のような上質感を手に入れることができました。安全性能においても、スバルを代表とするアイサイトなどにより、予防安全の機能は非常に高い車となります。さらに、後席シートの荷物の置忘れを教えてくれるリヤシートリマインダーまで搭載。乗っている人に優しい車と言えるのではないでしょうか。室内空間の広さにおいても好評で、左右幅に余裕がある造りとなっています。リアシートにおいては、フロントより1段高い位置にあり、それでも十分なヘッドクリアランスを維持しているフォレスター。ミニバンほどとは言えませんが、十分な高さを維持しています。荷室容量もクラストップを誇り、アウトドアをはじめ旅行や買い物時でも十分に荷物を積むことが可能。使い勝手抜群の荷室となります。また、フォレスターのドアは大きく開く設計となっており、身長の高い人でも無理なく乗り降りが可能に。広い開口部により、チャイルドシートも無理なく利用することができるようになっています。安全性能においても魅力的なフォレスター。ドライバーがより運転に集中することができるよう少ない視線移動で確認できるインターフェースを採用しているほか、スバルを代表する安全性能アイサイトももちろん、装備されています。アイサイトによって、衝突回避の支援をはじめ、安全運転の支援、運転負荷の軽減、視界の拡張を期待することが可能です。北米向けに開発、販売されているフォレスターですが、日本国内でも快適に乗り続けることができる、そんな車となります。

その他問い合せの多いSUBARUの車種

急なトラブルでも安心!カードご利用可能です

到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター
  • お近くのトイレつまり修理センター

ページトップへ戻る