インプレッサの鍵なら全てお任せ下さい!鍵開け最短3分! 鍵の作成は平均60分!イモビライザー・スマートキー対応OK!
到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円
どの年式のインプレッサでしょうか? どの年式のインプレッサでしょうか?

どんなに注意していても、失くす時には失くしてしまう…それが車の鍵というものです。失くした鍵がSUBARU (スバル)インプレッサなら、もう泣かないで。すぐに鍵の緊急隊にお電話を下さい。お客様の元に駆けつけ、その場で鍵をお作りします。 到着にかかる時間は30~60分、鍵の作成にかかる時間は1時間程度です。鍵の緊急隊はお客様を無駄に待たせません。 スバルを代表する車として長く愛されてきたインプレッサは、時代により鍵の形が違います。しかしどんな種類の鍵でも大丈夫。イモビライザーを搭載したスマートキーの作成も得意ですので、ご安心下さい。1本も鍵がない状態でも問題なしです。まずはお電話を。不明な点は丁寧に対応致します。 安定した走行性で悪天候も安心して運転できるのが、インプレッサの素晴らしい所です。新しい鍵を手に入れ、鍵の紛失で曇っていた気持ちを晴らし、快適なドライブをお楽しみ下さい。

料金例

インプレッサ
紛失した鍵の作製
コミ
コミ
出張+作業料
¥15,000~

インロック鍵開けや紛失した鍵の作成なら低料金と技術力に自信があります! インロック鍵開けや紛失した鍵の作成なら低料金と技術力に自信があります!

「鍵といっても車の鍵だし…他の対応方法があるのでは?」と思ったあなた。さすがです。納得して鍵の緊急隊にご依頼いただけるよう、トラブル時に思いつくディーラーとJAFについて、比較して解説します。 まずはディーラーVS鍵の緊急隊。読む前に頭に入れておいて欲しいのが「インプレッサでは2004年からイモビライザー搭載車が増え2010年以降は標準装備されている」という事実です。そして大きな差が出るのが、こうしたコンピューター制御された鍵の作成費用。ディーラーの相場はなんと15万円以上。対する鍵の緊急隊はその半額以下で済みます。 驚きの差の理由は鍵を制御するコンピューター部の扱いの違いによります。ディーラーでは全体を交換して鍵を作成するのですが、鍵の緊急隊は上書きで対応。ハードを温存し価格を抑えます。 更に工場へのレッカー代や修理にかかる日数を考えれば…現場に直行し1時間程度で作成する鍵の緊急隊の方が優れていることは明らかですよね。 次はJAF VS鍵の緊急隊。こちらは比較になりません。なぜならJAFは鍵を作れないからです。その場で鍵を手にしたいのなら、迷うことなく鍵の緊急隊に電話です。 ディーラー・JAF・鍵の緊急隊。鍵の紛失時に一番頼りになるのは鍵の緊急隊であることを納得いただけましたでしょうか?お電話、お待ちしています。

インプレッサの鍵の特徴

スバルのインプレッサは1992年より製造・販売が開始されているスバルの主力モデルです。 初期モデル及び2代目の鍵は金属製の従来型でしたが、3代目のアネシスシリーズよりイモビライザーがオプション装備とされ、2010年以降の製造モデルより多くの車種でイモビライザーが標準装備されています。 現行のインプレッサでも、ほとんどのグレードでキーレスエントリーが標準装備されており、鍵はリモコンキータイプとなっています。ただ、インプレッサ・スポーツ及びインプレッサG4の廉価グレードである1.6−Lモデルではキーレスエントリーがオプション装備とされており、イモビライザーが付属した金属製の鍵となっています。

トラブル解決までの流れ トラブル解決までの流れ
作業時間の疑問…対応速度の秘密Q&A 作業時間の疑問…対応速度の秘密Q&A

最新施工事例

インプレッサの鍵をなくした

作業内容
スマートキー作成
車種
インプレッサ
料金
50,000円

「車の鍵をなくしてしまって困っているのですが、今からお願いできますか?」とご連絡を頂き、まず初めに車種や鍵の種類などを確認させて頂きました。車種はスバルのインプレッサで2年ほど前に3年落ちの中古車で購入されたということでした。そのため、購入時からスペアキーはなく、今回、鍵を紛失したことで1本も鍵がない状態だということでした。それでも、鍵作成は可能なのかと不安げなご様子だったため、当社ではスペアキーがない状態でも鍵作成が可能であるということ。もちろん、インプレッサの鍵でも問題なく作成ができることをお電話でお伝えさせて頂きました。その後、ご指定を頂いた場所に伺い無事にお客様を発見。インプレッサを最終確認させて頂き、御見積書をご確認頂いたうえでスマートキー作成を開始させて頂きました。まずは、運転席のドアの鍵開けから始めます。スマートキー作成の場合、車内にある機器へのデータ書き換えなどが必要となります。それを行うためにもピッキング作業でドアの開錠が必要なのです。ものの数分で鍵を開けることはでき、引き続きスマートキー作成を行いました。データ書き換えなどの作業にどうしてもお時間が必要です。今回の場合、100分ほど必要となりましたが、それでも、お客様には、その場で今までお使いだったインプレッサの鍵と同じものが完成したと、とても喜んでいただくことができました。今回もお客様に喜んで頂くことができ、うれしく思います。

インプレッサの鍵を作りたい

作業内容
スマートキー作成
車種
インプレッサXV
料金
50,000円

車の鍵の紛失、特に外出先で紛失された場合、動揺されるお客様がほとんどです。今回のお客様もお電話からどれだけ動揺されておられるかすぐに伝わるほど動揺されておられました。そのため、まず、当社での鍵作成について詳しくお客様にご安心頂けるようご説明させて頂きました。当社にお電話いただくお客様の多くは緊急での鍵作成依頼となります。そのため、すぐに伺い、その場で車の鍵作成をさせて頂くことができること、そして、スマートキーのような特殊な鍵でも対応させて頂いていることを伝えさせて頂き、お客様に落ち着いて頂いたうえで向かわせて頂きました。今回のお客様の車種はスバルのインプレッサです。色は青とお聞きしていたため、すぐに見つけることができました。インプレッサの前で待っていてくださったお客様にご挨拶を行い、免許証にてご本人様確認をさせて頂き、お見積もりを作成。お見積もりをご確認頂いたうえで鍵作成を開始いたしました。スマートキー作成の場合、当社では紛失した鍵のデータを削除し新しいスマートキーのデータに書き換え鍵作成を行います。お客様のインプレッサは新しく5代目「GT/GK系」です。新しいスマートキーの場合、鍵作成を行うことができないのでは?と不安に思われるお客様も少なくありませんが、当社では新しいタイプのスマートキーでも問題なく鍵作成を行うことが可能です。今回も特に問題などなく完成させることができました。

インプレッサの鍵をなくした

作業内容
スマートキー作成
車種
インプレッサアネシス
料金
50,000円

「どんな車の鍵でも作ることができるとお聞きしたのですが…。」とお電話をくださったお客様。愛車のインプレッサの鍵を紛失され、お友達にご相談されたところ、当社を紹介されたということでした。お客様のお友達は以前、当社に金属製の車の鍵作成依頼を頂いたそうで、そのため、今回、お客様の鍵がスマートキーだということもあり、不安に思われているといった感じでした。そのため、スマートキーでも鍵作成を行うことができるということ。そして、スバルのインプレッサの鍵作成経験もあるということを伝えさせて頂き、すぐにお客様の元に伺うことになりました。30分ほどでお客様のお宅に到着しご挨拶をさせて頂きました。その後、私の方でもインプレッサを確認させて頂き、お見積もりを作成させて頂きました。プッシュスタート式でイモビライザー搭載となる今回のインプレッサ。この場合、鍵作成を行うためには、車内にある機器のデータ書き換えが必要となります。それを行うために、まずは運転席ドアを開錠し車内にお邪魔させて頂き、当社の機材と車内の機器をつなぎ紛失した鍵のデータの削除。そして、新しい鍵のデータへと書き換えを行うこととなります。一見、データの書き換えなどすぐにできるように思えますが、そう簡単なものではなく、大変申し訳ありませんが、毎回、お時間を頂いております。今回も110分ほどお時間を頂くことで無事に新しいスマートキーを完成させることができました。

インプレッサの鍵を作りたい

作業内容
スマートキー作成
車種
インプレッサ
料金
50,000円

車の鍵は紛失だけではなく、トラブルなどでどこかに落としてしまうということも少なくありません。今回、ご依頼を頂いたお客様はお子様にインプレッサの鍵を持たせていたところ、側溝に落としてしまい拾うことができなくなってしまったということでした。側溝のふたは重くどれだけ頑張ってもふたを取って鍵を拾うことはできないということでした。そのため、当社に鍵作成のご依頼を頂き急行させて頂きました。まだ、幼稚園のお子様とお二人で私の到着を待たれているということで、同じ子を持つ親として、お子様がぐずっておられないか心配でしたが、そのような心配も無用でお客様の手を握り私の到着を待ってくださっていました。すぐにインプレッサを確認させて頂き御見積書を作成。今回のインプレッサの鍵はイモビライザー付きのスマートキーです。そのため、新しい鍵を作成するためには、車内のデータを書き換える必要があります。金属製の鍵とは異なり、どうしてもお時間がかかってしまう作業となります。平均120分ほど必要となるスマートキー作成。今回もスムーズに作業は進んだものの110分ほどお時間を頂くことになりました。それでも、レッカー移動など不要でその場で当日、鍵作成が可能な点をいつも高く評価してくださるお客様。今回も「助かりました!」ととても、喜んで頂くことができました。当社では機器を交換するのではなくデータ書き換えによって、毎回、その場で鍵作成を行っております。

自動車豆知識自動車豆知識

インプレッサとは?

1992年に誕生したインプレッサは、主にヨーロッパ市場を狙いスバルの世界戦略車として生まれました。初代インプレッサは1992年から2000年にかけ販売され、排気量は1.5L~2.0Lまで全4種類を展開。インプレッサと言えば、WRブルーマイカのボディカラーが印象的でデザインは全体的にほぼすべての角が丸く仕上げられた柔らかなイメージでした。2代目GD/GG系は、初代発売後8年もの期間をあけモデルチェンジされたもので、2000年から2007年にかけ販売されました。横長のライトが丸目となり初代とは大きく印象が変わった2代目インプレッサ。GC系でWRXとSTIバージョンが5MTだった設定でしたがSTIのみ6MTと変わりました。2007年から2011年にかけ販売されていた3代目は全車3ナンバーとなり大きなイメージチェンジが図られました。その後、4代目は2011年から2016年にかけ販売され、4ドアセダンには「G4」、5ドアハッチバックには「スポーツ」というサブネームが付けられるようになりました。ハイブリッドも追加され、安全性、動力性能、燃費において、充実したものへと大幅に改善されました。そして、今、販売されているのが5代目スバル インプレッサ スポーツです。ボディタイプは従来同様スポーツが5ドアハッチバックでG4が4ドアセダンとなります。ディサイズは、スポーツが全長4,460mm×全幅1,775mm×全高1,480mm。G4が全長4,625mm×全幅1,775mm×全高1,455mmとなります。ホイールベースは両者とも先代から25mm延長された2,670mm。駆動方式は従来同様FFとフルタイム4WD「シンメトリカルAWD」が設定されています。安全面においては、国産車初の歩行者用エアバッグシステムが全車に標準装備に。安全運転支援システムにおいては、ステレオカメラ方式による衝突被害軽減ブレーキ「EyeSight ver.3」が全車に標準装備となっています。また、オプション設定になるものの後側方警戒支援システム「スバルリヤビークルディテクション」が装備されています。このように、スバルの代表的な存在と言えるインプレッサは、現行モデルでは高い安全性能を装備した車となり、また、内外装においてもワンランク上のレヴォーグと大差のない質の高いクオリティとなります。

その他問い合せの多いSUBARUの車種

急なトラブルでも安心!カードご利用可能です

到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター
  • お近くのトイレつまり修理センター

ページトップへ戻る