純正キーの合鍵の発注について
急なトラブルでも安心!カードご利用可能です
到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円

純正キーの合鍵の発注について

純正キーの合鍵の発注について

一見同じ形状、同じような番号が書いてあるため、区別がつけ辛い純正キーと合鍵ですが、実は精度や鍵番号など、いろいろなものが細かく違っていることをご存知でしょうか?現に、純正キーから合鍵を作ることはできても、合鍵から合鍵を製造することは、精度が落ちてしまうなどの観点からあまり他社様でも行われていません。
今回は、そんな純正キーと合鍵について、発注までの流れを中心にご紹介していきます。

純正キーってどんな鍵?

まずは純正キーについてご紹介していきます。鍵屋の広告などで目にしない限り、あまり馴染んでいない単語でもありますが、一言でいえば、最初から錠前とセットでついてきたオリジナルの鍵のことを指します。
純正キーにはロゴが付いていることがほとんどです。それは錠前メーカーや自動車メーカーのロゴであったりマークや名前であったりしますが、たいていはそこをみれば純正キーの証拠となります。自動車メーカーはともかく、錠前メーカーのロゴはあまりなじみがないかと思いますので、いくつか挙げておきます。

1.MIWA(美和ロック)
2.GOAL(ゴール)
3.SHOWA(ユーシン・ショウワ)

新規に玄関などを設置した場合、最初に3~5本ほど渡されるその鍵こそが純正キーです。よく誤解されている方もいらっしゃいますが、すべてのシステムが搭載されたマスターキーとは違い、純正キーは一つの決められた錠前しか開閉することはできません。純正キーはあくまでオリジナル仕様の鍵ということになります。

純正キーと合鍵って実際に何が違うの?

純正キーがどんなものかわかったうえで、次に純正キーと合鍵の違いについて、ご紹介していきます。
純正キーがオリジナルの鍵とすれば、合鍵はその複製品ということになります。高精度な純正キーと違って、合鍵の方が精度が低く、シリンダー部分が傷んでしまうことがあります。シリンダー部分が傷んでしまうと、鍵穴に差し込めても思わぬ故障や事故の原因になりますので、注意が必要です。また、合鍵は純正キーとは違い、オリジナルな鍵ではないため、作製する際多少の誤差が生じます。そのため、完全に純正キーと一致する合鍵というものは難しくなります。
そもそも合鍵がどのようにつくられるのかご存知でしょうか?鍵屋に行くと、よくたくさんの鍵の束がぶら下っている光景をよく見ることができます。その鍵の束こそが、合鍵の元となるブランクキーと呼ばれるものになります。何も鍵としての情報を持たない、ブランクキーを、専用の機械に通すことで、お持ちの純正キーから合鍵を作製することができるのです。
では、実際に純正キーと合鍵を見分ける方法についてご紹介していきます。先ほどご紹介したとおり、純正キーには錠前メーカーや自動車メーカーのロゴやマーク、名前の刻印が施してあります。車の鍵なら自動車メーカーのロゴやマークが、玄関やドア等なら錠前メーカーのロゴやマークとなります。加えて、純正キーには、特有の鍵番号が彫られています。場合によっては二ケタにわたって記載されている場合もありますので、きちんチェックしましょう。
一方、合鍵には、そのようなオリジナルのロゴなどは入っていません。代わりに合鍵には、元となったブランクキーの型番が彫られています。具体的にいえば、ブランクキーの型番というのは、1~2ケタのアルファベットと1~3ケタの数字が組み合わされたものになります。
また、合鍵にはブランクキーのメーカーのロゴやマークが彫られています。具体的には以下のものが挙げられます。

1.FUKI(株式会社 フキ)
2.TLH(株式会社 フキ)
3.GSS(株式会社 後藤製作所)
4.GTS(株式会社 後藤製作所)
5.四葉のクローバーのマーク(株式会社 クローバー)
6.MISTER MINIT(ミスターミニット)

このように、純正キーと合鍵では、オリジナル性や彫られているロゴやマークが違います。合鍵から合鍵を作ることはたいていの業者では取り扱っていなく、合鍵を作る場合は純正キーを持っていくことが大前提となります。理由としては、合鍵から合鍵を複製しようとすると、どうしても精度が落ちてしまいますし、そのせいでシリンダー部分が傷んでしまい、故障の原因となることが挙げられます。鍵穴に入ったけれど鍵が開かない、鍵が抜けないなど、合鍵から合鍵を作製した場合には様々なトラブルが予想されるのです。
ちなみに、先ほど挙げたシリアル番号が記載されている合鍵からは、弊社でも合鍵を作製することはできません。合鍵を作りたい場合は、どうしても純正キーの鍵情報が必要となるのです。
しかし、弊社では合鍵屋さんなどでお断りされてしまった鍵も、合鍵を作るのではなく、新たにメーカーに発注し、純正キーという形でお手元にお届けするサービスを行っています。そういったいわゆる特殊キーと呼ばれる鍵の合鍵作成は可能となります。
特殊キーとは、ディンブルキーやウェーブキーといった、一般的なギザギザしたキーではないものがあてはまります。
まずは、お手元の合鍵の写真をお撮りになって弊社にメールにてお送りください。その際、鍵に彫られている鍵のメーカー名や鍵番号がわかるように写真を撮っていただけると幸いです。弊社の方で、いただいた情報からメーカーに直接発注し、追加キーとして純正キーを増やすことができます。
新規にメーカーに問い合わせて発注しますので、合鍵とは違う、純正キーならではのメーカーロゴやマーク、鍵番号が刻印されます。

どのくらいで鍵ができるの?

納期の方ですが、弊社では実際に該当するメーカーに問い合わせて、発注させていただくため、3週間~1カ月ほどを目安にお時間をいただいております。

いくらくらいかかるの?

気になる費用の方ですが、目安としてはお住まいの地域にある合鍵屋さんと同等、もしくはさらに低価格でご提供させていただいております。
詳しくは下記ボタンからご確認ください。

ご自分の鍵はどちらになりますか

どうして純正キーがいいの?

これまで純正キーと合鍵についてご紹介してきましたが、純正キーをおすすめしているのはきちんとした理由があります。
近年ピッキング犯罪の増加に伴い、主に住宅で高精度の鍵が流通しつつあります。非常に精度の高い鍵は、精度が落ちがちな合鍵を使用すると、思わぬ故障の原因となりがちなのです。
また、賃貸住宅にお住いの場合、鍵をなくしてしまうと、退去する際に大家さんに断られてしまう場合もあります。あとから引っ越してくる方の気持ちを考えたら当然ですが、合鍵では防犯上もあまり万全だとは言えません。
加えて、「純正キーが一本だけでも残っていればいいや」と油断していると、その残った純正キーをひょんな調子でなくしてしまった場合、合鍵のみになってしまい、新たに純正キーを作るのに手間がかかってしまいます。したがって、純正キーを一本でもなくしてしまった場合は、緊急の時でない限り合鍵ではなく同じく純正キーを発注することをおすすめします。

純正キーを発注いたします

いかがでしたか?純正キーと合鍵は、実は精度や鍵番号など、異なる点がいくつかあります。特に精度の面では、どうしても合鍵の方が劣ってしまうため、故障や事故を起こさないためにも純正キーの作製をおすすめしています。
「街の鍵屋さんにお願いしたら意外と高かった!」、「鍵屋さんに断られちゃった・・・」。その場合も、ぜひご連絡ください。お手頃なお値段で、担当させていただきます。
ご気軽に以下のフォームからご相談ください!

サービス品質に自信あり!駆けつけカギの緊急隊8つのPOINT
こんな業者にはご注意ください!
鍵のトラブル解決までのカンタン4ステップ!お電話1本でラクラクです!

0120-658-119

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター

ページトップへ戻る