金庫のトラブルすぐに解決します!すぐ対応!平均30分程度で出張いたします!
到着時間と料金のお問い合わせはコチラ!通話料無料0120-658-119年中無休365日|受付時間|7:00〜24:00お見積り0円
多くの企業様からのご依頼もいただいております!

【土浦市】開かない金庫の鍵開け

修理箇所 家庭用金庫 修理内容 金庫の鍵開け
メーカー キング工業 その他 場所 茨城県土浦市

金庫の鍵が見当たらない。金庫を開けたい。


今回のご依頼では、土浦市にお住まいのご夫婦のご自宅にお邪魔しました。先にお電話頂いた奥様のお話では、長年倉庫にしまいっぱなしになっていた金庫の鍵を紛失してしまったとのこと。金庫のメーカーと型番の確認だけお願いして、早速弊社スタッフがご自宅へお伺いすることになったのです。
金庫の鍵を失くしてしまったという場合、もちろん一般の方でも無理やりに扉を開けるということも不可能ではありません。しかし、力まかせにやって金庫を壊してしまっては本末転倒というもの。大事なものをしまっておくために購入したはずの金庫が台無しになってしまいますよね。そこで、どうしてもあるはずの鍵が見つからない、だけど破錠させることなく鍵開けをしたいときこそぜひ鍵開けの専門家である我々にご連絡頂ければと思います。今回ご依頼頂いたご夫婦は、30代で元々は旦那様のご実家だった一軒家にご夫婦で暮らしておられるということでした。旦那様のご両親が亡くなるまでは一緒に住まわれていたということで、奥様はもちろん旦那様もどういった経緯で所有しているのかわからないものがたくさんあるのだそうです。つまり鍵が見つからないという金庫もそういったもののひとつ。中に何が入っているのかすら、見当がつかないような状態だということで、念のため専門家である弊社にご依頼くださったとのことでした。ご自宅へお伺いすると、出迎えて下さったのは奥様でした。件の金庫はご案内頂いた倉庫にあり、開錠作業もそちらで行うことに。金庫は家庭用の小型のもので、シリンダー式のシンプルな作りでした。開錠作業にかかった時間は、おそらく30分程度だったと思われます。鍵穴から新しい鍵を作成し、そちらで鍵開けに成功しました。開錠が可能かどうかはもちろんスタッフの方でも確認しますが、お客様にも見て頂くことになります。今回も、鍵の作成後すぐに奥様をお呼びして開けて頂きました。奥様によると中に入っていたのは、旦那様のお父様がコレクションされてたという記念切手やコインだったということです。金銭的価値の高いものではないとのことですが、旦那様には思い出のあるものだということで、大変お喜び頂けたようでした。「どうせたいしたものは入っていないだろうし捨ててしまおうと思っていたんだけど、開けてもらえてよかったです。ありがとうございました」とのお言葉を頂きました。時には思わぬ発見につながることもある金庫の開錠。うっかり大事なものまで一緒に壊してしまうことのないよう、お困りの際はぜひ弊社までご依頼ください。


マグネット式の金庫の鍵が開かない。


「家族の金庫なのですが、本人がいなくても開けられますか?」そんな第一声から始まったご依頼を先日お受けしました。最初にお電話で弊社までご相談くださったのは、金庫の所有者である男性の娘さんだと言います。
お父様は自宅兼事務所でお仕事をされているそうで、そのお仕事に使われている金庫の鍵が開かなくなってしまっているのだそうです。詳しくお話をうかがいしてみると、現在お父様は入院中で自宅に戻ることができないのだと言います。しかし、入院しているからといって仕事を中断することもできない場合もあるのが自営業の辛いところ。お父様も病室でお仕事を続けられているそうです。
ところが、そのお仕事に必要な書類を事務所の金庫に置き忘れてしまったとのこと。そこで娘さんが自宅からその書類を取ってくるよう頼まれたそうなのですが、何をどうやってもその金庫が開かないのだと困っておられました。
念のためお客様にはお父様の委任状をご用意頂き、弊社スタッフが土浦市のご自宅までお伺いしたのがお電話の翌日です。出迎えてくださったお客様には、本人確認書類を見せて頂いてから作業に入らせて頂きました。
鍵開けをご依頼頂いた金庫は、マグネット式のものです。鍵はお父様からお預かりくださったそうですが、確かにどうやってもロックが外れることはありません。通常のやり方で開けられなくなっているのは間違いないようです。マグネット式の金庫は鍵をなくしてしまったりすると、基本的には鍵を壊さないと開けることができません。
しかし、これで諦めてしまってはプロの名が廃るというもの。
お父様からは「どうしても無理なら金庫を壊してしまっても構わない」とのお言葉を頂いていたようですが、破錠することなく開けることができました。必要な書類も中から見つけられたようです。
「私が何をしても開かなかったのに、さすが専門家ですね!」とお客様からもお褒めの言葉を頂き、弊社スタッフの仕事にご満足くださったようでした。
鍵のついた金庫の中に保管するものといえば、他人の手に渡っては困る重要なものが多いはず。しかし、そのセキュリティ意識の高さが仇となって、ご本人以外が開けないといけない状況に陥ると困ってしまうこともあるようです。
弊社では、様々なタイプの金庫の開錠に対応しております。鍵をなくしてしまった、もしくは鍵はあるのにコツが必要で開けられないといったものの鍵開けにお困りでしたら、ぜひご依頼ください。お電話でのご相談もお受けしておりますので、まずはお声かけ頂ければと思います。


金庫のダイヤルの番号がわからない。


土浦市のお客様からお電話で鍵開けのご依頼を頂きました。「店で使っているダイヤル式の金庫が開けられなくなった。ダイヤル番号がわからなくても開けてもらえるのか」ご依頼の内容は以上のようなものです。
お電話を頂いた時点で時刻は夕方過ぎ。閉店後にお店の戸締りをしようとしたところで、鍵の入っている金庫が開けられないことに気づかれたそうです。お電話をくださったのは店長さんで、このままではお店を離れることもできないと困ったご様子でした。そこですぐに弊社スタッフはお店へとお伺いすることに。お店は店長さんと奥様が2人で切り盛りされているという喫茶店で、つい先日アルバイトさんを雇い入れたばかりなのだそうです。
店長さんは、お店の鍵やレジの両替用のお金を事務所に置いた金庫で管理していたとのこと。しかし、事務所に入るのはどうせ夫婦だけなのだからと金庫のダイヤルはテープで固定したままにしていたそうです。そこにアルバイトさんを雇い入れたことでテープを外したところ、さっそくダイヤル番号がわからなくなってしまったということでした。
ダイヤル式の金庫とはいっても、鍵とダイヤル番号の二つがそろわなければ開錠できないタイプは多いものです。お客様のような使い方をされている人も少なくはないでしょう。
しかし、ダイヤル番号を忘れてしまうとたとえ鍵があったとしても開けられなくなってしまうのは困ったものですよね。一般の方ではなかなかダイヤル番号を突き止めるのは難しいかもしれません。
弊社スタッフは、お店に到着してすぐに作業を始めさせて頂きました。ダイヤル式の鍵もその仕組みを熟知していれば鍵開けは可能です。作業時間はおよそ40分ほどかかりましたが、お客様が設定されていた番号を突き止め鍵を開けることができました。
「こんなにすぐに開けてもらえるのなら、もっと早くに相談していればよかった」とお客様にもご満足頂けたようです。鍵を破壊することなく、再使用できる状態で鍵開けできたことも意外に思われたようですね。
お客様にとって大事なものを保管していることの多い金庫。だからこそ、開けられないという事態に遭遇したときには焦ってしまうものかもしれません。そんなときはぜひ鍵の専門家である弊社へとご相談くださいね。


よくある質問
サービス品質に自信あり!駆けつけカギの緊急隊8つのPOINT
こんな業者にはご注意ください!
鍵のトラブル解決までのカンタン4ステップ!お電話1本でラクラクです!

0120-658-119

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター
  • お近くのトイレつまり修理センター

ページトップへ戻る