その場で、すぐに作業・すぐに解決!お客様からいただく『ありがとう』の声がなによりも私たちの宝物です

【さいたま市】玄関の鍵交換

修理箇所 玄関の鍵 修理内容 カギ交換
メーカー MIWA 場所 埼玉県さいたま市

玄関鍵の紛失による鍵交換


さいたま市の戸建住宅にお住いの50代女性のお客様よりお電話を頂いたのは、平日のお昼を少し回った頃でした。ご依頼内容をお伺いさせて頂くと毎日の日課のウォーキングに出掛けられ、帰ってきたところ玄関の鍵をどこかで落としている事に気付かれたという事でした。その為、すぐに同じコースを歩いて鍵を探されたという事ですが、見つける事ができず旦那様にご相談されたという事でした。その際、午後から大切な商談がある為、帰宅する事は難しいということ。また、近所で鍵を落としたのであれば、防犯面を考えても新しい鍵に交換した方が良い為、専門家に依頼するように言われたという事でした。その結果、ネットで検索し、弊社にご相談頂き、すぐに向かわせて頂く事になりました。
20分ほどで到着すると疲れ切ったご様子で私の到着を待っておられたお客様。いつものウォーキングコースを2往復されたということ。それは、大変お疲れのことと思います。ご挨拶を済ませ、お客様のお宅の鍵を確認させて頂きました。
玄関のドアは引き違い戸となっており、中央と端の2か所で施錠する鍵となっています。従来のギザギザの鍵となっており、この場合、2か所とは言え、すぐに鍵を開ける事が可能だとお客様にお伝えし、お見積りを作成し、まずは、開錠作業から取り掛からせて頂きました。開錠作業自体、さほど、お時間を頂く事はなく、すぐに玄関を開ける事ができました。その後、交換する鍵について相談させて頂きました。その結果、同じものが良いという事でしたので、今お使いのものと同じタイプの鍵に交換させて頂き、40分程度ですべての作業を終了させる事ができました。
途中、奥様の事を心配された旦那様よりお電話を頂き、旦那様にも私の方から作業工程とお見積りを伝えさせて頂きました。そうする事で、旦那様にも安心して頂く事ができたようで、私としても良かったと思っております。


玄関の鍵交換


今回は、玄関鍵の劣化によるトラブルのご相談を頂きました。お電話を頂いたのは、さいたま市の戸建住宅にお住いの50代男性のお客様。玄関の鍵を回しても開ける事ができず困っているという事でした。それは、急がなければいけないと思ったものの、詳しいお話をお聞きすると、今、ご自宅の中に入る事はできているということ。幸い、ご自宅には奥様がご在宅中だったという事で、勝手口の鍵を開けてもらい、中に入る事はできたという事でした。それでも、出来れば今すぐ来て欲しいという事でしたので、今から伺う約束をして車を走らせました。
20分ほどで到着すると勝手口から出てこられたお客様。すぐに玄関ドアの状態を詳しく確認させて頂きました。ご自宅は築40年以上になるということ。また、一度も玄関のリフォームをした事はなく、鍵の交換もした事がないという事でした。その上で奥様の話では、少し前から鍵に違和感があったということ。硬いと感じる時や空回りしている時もあったという事で、このような事が起きる前兆はあったという事でした。
その事をお聞きした上で、初めに特殊工具を用いて開錠作業を行いました。この作業自体、すぐに済ませる事ができ、その上で、鍵の状態を確認させて頂きました。すると、やはり、経年劣化により鍵の劣化が激しいという事がわかりました。このまま使い続けては、また、すぐに同じような事が起こり開錠する事ができない事も考えられます。その事をお客様にお伝えすると、「鍵にも経年劣化があるとは知らなかった…。」と言いながら、「それなら、交換して行って欲しい。」とおっしゃるお客様。その為、新しい鍵へのご要望をお聞きしながら、お客様と一緒に新しい鍵を選び交換させて頂きました。作業としては60分程度。特に大掛かりな作業は不要で交換する事ができました。
その後、お客様と奥様お二人で新しい鍵の確認をして頂き、無事に作業は完了致しました。


よくある質問
サービス品質に自信あり!駆けつけカギの緊急隊8つのPOINT
こんな業者にはご注意ください!
鍵のトラブル解決までのカンタン4ステップ!お電話1本でラクラクです!

0120-658-119

  • 新型コロナ感染予防対策実質中
  • お近くの鍵屋さんを探す
  • とっても簡単!ご依頼の流れ
各種お問い合せはこちら
無料お見積もり
請求書払いのお問い合せ
徘徊防止のお問い合せ
車の鍵のお問い合せ
合鍵の注文
TBSテレビ取材 TBSテレビ「ジョブチューン 」警察スペシャル第9弾!にて取り上げていただきました!
  • 窓ガラス修理のガラスの緊急隊
  • お近くの蜂の巣駆除センター
  • お近くのトイレつまり修理センター

ページトップへ戻る